膝の痛みサプリランキング

 

膝の痛みをとりたい!と悩む方へ

 

 

膝の痛みの原因には、外傷性の関節炎や変形性膝関節症などが代表的なものですが、そのほかにも、神経症やリウマチ性のものがあります。その中でも、慢性的な痛みの原因になるものが「慢性関節リウマチ」です。

 

リウマチというと、難治性の病気で怖さが感じられますが、現在では早期発見、早期治療ができれば、痛みから解放されます。

 

慢性関節リウマチは、患者数が100万人と推測されており、中高年代ではおよそ1%の人が発症する病気といわれています。また、男女比では1:4で発症率は女性の方が高く、その理由には女性ホルモンや妊娠、出産が関係しているといわれていますが、明確な原因はわかっていないところも多くあるようです。

 

慢性関節リウマチの初期症状は、食欲不振、倦怠感、熱っぽいなど風邪のような症状が現れて、体の関節に「こわばり」を感じるようになります。しかし、最初は風邪のせいで体が動かしにくいだけだ、と軽視してしまうケースが多く見られます。その後、足や手の指の関節に腫れや痛みが感じられるようになり、数日経っても痛みが続くようになります。この時点で、病院で診察してもらえば、早期治療につながりやすいでしょう。その後も放置しておくと、関節の腫れや痛みが全身に広がり、徐々に痛みも増していきます。慢性関節リウマチには、変形性関節症も含まれており、膝に痛みが伴うようになります。

 

慢性関節リウマチは、治療を行えば腫れや痛みから解放される病気ですので、膝の痛みでもいつもより「こわばり」などの違和感があったら、病院を受診してみましょう。

 

参考:膝の痛みをとるサプリはある?これが良かった!

 

サプリ以外に膝の痛みに効果的なマッサージも行う

 

膝の痛みがあると運動不足になりがちで、ひとつの動作にも痛みが伴います。膝が痛いから動きたくない、という状況はあまりよくない傾向でもあります。関節は、動かさないでいると、動きが硬くなってしまい、ますます動かしにくくなってしまいます。この状況は、後に歩行困難になる可能性もあるので、できれば避けたい状況だといえます。膝を動かすと強い痛みが伴う場合は、マッサージをするとよいでしょう。

 

肩こりなどでもそうですが、同じ姿勢でいると血行が悪くなり、肩周辺の筋肉が凝り固まってしまいます。膝の痛みがあって、あまり動かさないでいると、これと同じような状態になります。しかし、膝を動かすと痛い、というときは専門知識がある施設でマッサージをしてもらうとよいでしょう。膝の痛みの場合は、コリをほぐす、ということとは異なるので、接骨院や整骨院がよいでしょう。

 

膝を暖め、血行を良くすると膝の稼動域が大きくなります。この状態から、膝関節をゆっくりと動かしながら、リンパ節や筋肉などをほぐしていくのがよいでしょう。また、スポーツをしている場合は、スポーツ医学の知識がある施設で、施術を受けると今後の注意点などのアドバイスを受けられます。

 

膝の痛みを改善するには、毎日マッサージをすると効果があります。施設に行かないときは、お風呂に入って、血行がよくなっているときに、膝の脇や膝の裏などをゆっくりとマッサージするとよいでしょう。

高血圧になる原因は?

高血圧になる理由というのははっきりと解明されていません。ですが非常に多い高血圧患者の中でも1割程度は原因がわかっています。この原因というのが元々、疾病が元で引き起こされる高血圧のことで、二次高血圧とも呼ばれています。また、この高血圧に関しては疾病が完治すれば、高血圧も改善されるということも特徴の一つです。

 

二次高血圧以外は原因不明であり、特定が出来ない高血圧のことを本能性高血圧といいます。この本能的高血圧に関しては遺伝が原因と言われたり、生活習慣が原因といわれたりという諸説はあります。

 

例えば、両親が高血圧でない場合、子供が高血圧になる可能性は5%といわれております。片方の親が高血圧の場合は30%、両親共に高血圧の場合は60%の確率で高血圧が遺伝します。つまり高血圧になりやすい体質が遺伝するという風に考えていいでしょう。

 

また、食の欧米化によってカロリーや塩分の高いものばかり食べたりしていると高血圧になる原因になるので生活習慣、特に食生活によって引き起こされることもあります。可能性としてはこういったことがありますが、調べても原因まではわかりません。

 

とにかく、両親が高血圧である場合や食生活に問題があると思う方は気をつけるようにしましょう。サプリを飲むのもありでしょう。

 

高血圧を患ってしまうと、管理も治すことも非常に難しいですし、大変です。事前に予防をして高血圧にならない身体作りをするように心がけてください。高血圧の心配がある方は早めに検査を受けることをオススメします。

 

ニキビ跡に喝!「万能成分」ビタミンC誘導体の効果

 

ニキビは治ったけど跡が残った…どうせならニキビ本体も残った跡も治したい!そんな悩みにビタミンC誘導体は非常に有効な成分です。その真相は一体何なのでしょうか?まずニキビ跡の仕組みは主に3種類に分かれます。

 

@赤み
A色素沈着
B凸凹肌

 

更に@の赤みは原因別で3タイプに分かれます。
T.炎症による赤み
U.毛細血管の拡張
V.毛細血管のうっ血

 

Tはニキビができた時のアクネ菌と免疫細胞の戦いにより起こった炎症が治癒後も残る為です。Uはその戦いにより周囲の皮膚が負ったダメージ修復の為に毛細血管が大量に作られ、その血管が透けて赤く見えるせいです。

 

そしてVは上記の戦いで血管が傷つくこともある為、その結果血流が滞った箇所が皮膚表面で赤く見えるせいです。

 

Aの色素沈着はアクネ菌が排出した活性酸素をメラニンが吸収した為赤黒く変色し、そのまま肌に留まっている状態です。皮膚の老化を防いでくれた証拠でもあります。

 

Bの凸凹肌は大きなニキビができた場合、強い炎症が真皮まで影響を及ぼす為肌の土台に損傷が起きて発生します。

 

これに対し「ニキビ万能成分」とされるビタミンC誘導体ですが、美白成分の1つでありアルブチンやルシノール、リノール酸などと比べ、特に効果が高く専門家が薦める成分です。特にニキビに対する効果は下記の通りです。

 

@ターンオーバー促進
A色素沈着の原因メラニンを消す
Bコラーゲンやセラミドの合成を促す

 

これをニキビ跡のタイプ別に当てはめて説明します。

 

赤みタイプ、色素沈着タイプは皮膚の表皮部分にある基底層より上で起きるトラブルの為、ターンオーバーを早めてニキビ跡の原因を垢としてはがしてしまうか、直接ニキビ跡のメラニンを美白成分で消すという作用が働きます。元に戻るまでの目安は、赤みが2〜6ヶ月、色素沈着が3〜6ヶ月程度と言われます。

 

一方凸凹肌タイプは真皮にあるコラーゲンやセラミドが損傷する為本来元に戻すことが難しいですが、ビタミンC誘導体にはこれらを合成する効果があるのであながち不可能ではありません。少しずつですがまずは3ヶ月を目安に地道にケアしていきましょう。

 

なおこれらの効果を早めるにはイオン導入器で更に肌の内部へ誘導体を浸透させると有効です。またピーリング洗顔も古くなった角質を溶かしターンオーバーを早める為、ニキビ跡への効果が期待できます。ビタミンC誘導体の有効成分をぜひ利用して憂鬱なニキビから卒業したいですね。参考:http://xn--t8j4aa4nul6dqduhy591a.xyz/

更新履歴