トップページ > 坐骨神経痛の治療に使われる薬

坐骨神経痛の治療に使われる薬

坐骨神経痛の薬物療法には、以下のような薬剤が使われます。

 

・痛みの緩和に使われる薬剤

 

主な消炎鎮痛薬は、非ステロイド性の内服薬と座薬です。長期間の投与となることがおい坐骨神経痛の治療には、胃腸障害などの副作用が伴う場合があります。そのような副作用を防ぐために、胃腸薬が一緒に処方されることもあります。

 

・しびれの緩和に使われる薬剤

 

ビタミンB12製剤の内服薬で、坐骨神経痛のしびれを抑えるのが基本です。ビタミンB12製剤を使用するのは、副作用の心配がなく神経組織障害に高い効果が認められているからです。

 

・筋肉の緊張緩和に使われる薬剤

 

筋弛緩剤(筋緊張弛緩剤)には、消炎鎮痛剤と同じように胃に負担をかける副作用があります。めまいやふらつきなどの副作用にも気を付けて、服用したときの行動には十分注意しましょう。

 

・血流障害の改善に使われる薬剤

 

脊柱管狭窄症を原因とする坐骨神経痛の治療には、PG(プロスタグランディン)製剤の内服薬や注射などが使用されます。脊柱管狭窄症の原因の一つとされる、神経組織の血流障害を改善するためです。PG製剤は循環障害改善薬としては有名で、血管を拡張すると同時に血液を固まりにくくする効果があります。歩行障害の症状が出ている場合にも、PG製剤が積極的に使われています。

 

妊産婦の坐骨神経痛については、おなかの赤ちゃんや授乳への影響を代位に血、副作用の心配のない薬が使用されています。病院によっては、漢方薬を採用しているところもあります。

 

坐骨神経痛に処方される薬は、服用後に症状の変化などについて疑問や心配が起こることもあります。疑問に思った点は、遠慮せずに医師にしっかりと相談するようにしましょう。