トップページ > 脂肪酸の種類は?

脂肪酸の種類は?

脂肪酸というのは、不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸の2種類に分かれています。そして、不飽和脂肪酸もいくつかに細分化され、その種類によって体内でどのような作用をもたらすのかというのも違っています。

 

脂に含まれている脂肪酸というのは、1つの種類だけが含まれているというわけではありません。いくつかの脂肪酸が含まれているものなのです。脂肪酸の種類や含有量によって、油の優劣も分かれることになります。

 

油を摂取する時には、バランスよく脂肪酸を摂取できるようにしなくてはなりません。脂肪酸というのは、種類によって効果も違っています。

 

脂肪酸で健康にいい影響を与えるものだとしても、バランスよく摂取をしなくては、反対に弊害が生じてしまいます。自分では気づかない間に、脂肪酸の摂取量が偏ってしまっているということもありますから気を付けなくてはなりません。

 

普段からコンビニ弁当やジャンクフードなどを食べている場合、リノール酸という脂肪酸を摂取することになります。そして肉にはアラキドン酸といわれる脂肪酸がたくさん含まれています。

 

コンビニ弁当や肉を食べる人が最近増えてきており、このリノール酸とアラキドン酸は普段から摂取をしているのですが、他の脂肪酸が不足してしまいやすくなってしまっているのです。

 

バランスよく、様々な種類の脂肪酸を摂取していったり、自分の健康を見ながら摂取するべき脂肪酸はなんなのかを考えるようにすることも大切です。

 

アレルギー体質になっているのであれば、N-6脂肪酸はあまり摂取をしないようにして、N-3脂肪酸を取るようにしたほうが良いでしょう。

 

これまで肉を中心に食べていたのであれば、青魚を食べるようにしたり、飽和脂肪酸を食べるのではなく不飽和脂肪酸を食べるようにするということも大切です。